なぜかアドセンス収益が減っているという現実

なぜアドセンス収益が減ってしまったのか?

毎月アフィリエイトの収益はばらついていたのだが、なぜかここ最近グーグルアドセンスの調子が悪い。

アクセス数の問題ではなく、クリック率が下がったようだ。

でもなぜ?と聞かれてもその原因がわからない。

わからないけど、このままじゃいけないという思いは強くなった。

だってアドセンスは非常に優秀な広告で、クリックされただけでも高い収益をもたらす素晴らしいものなのだ。

このアドセンスでの収益が減るとはとんでもない非常事態のような気がしてならない。

 

アドセンス収益が減った原因についての仮説

自分の中で少し仮説を立ててみた。

原因として考えられるのは、ユーザーに変化があったのではないかということ。

サイトやブログの中に広告があって、それをクリックしたり購入することで収益が発生するアフィリエイトという仕組み。

その認知度が広がったことにより

「これは広告じゃないのか?」

ということを認識するユーザーが増えてきた可能性がある。

広告だとわかると、なんとなくそこをクリックしたくないという思いが芽生える。

だって広告主の収益になるから。

自分以外の誰かが自分のおかげで収益を得るなんて、そんなもの嫌だと思う気持ちよくわかる。

この仮説が事実なら、今後のアフィリエイトについて、もっと自然に広告サイトへ誘導できるように考えて行かなければならない。

それこそスーパー営業マンが、知らず知らずのうちに自然に商品を欲しくさせてしまうように、

アフィリエイトにも高いスキルが必要となる時代に突入してしまったのかもしれない。