ブログでカテゴリーに注力する時間が無駄

ブログにカテゴリーはあまり重要ではない

カテゴリーって面倒だから、もうこのブログでは作るのやめた。

カテゴリーがあると、

「この記事はこのカテゴリーに入れなきゃ」

「なんかカテゴリー違いのこと書いてるから新しいカテゴリー作らなきゃ」

など、とにかく考えることが一つ増える。

 

カテゴリーを作ることで、ブログを更新するストレスが一つ増えてしまう。

これでは全然意味がない。

 

ブログによるカテゴリーの無意味さはこれだけではない。

経験上ブログでカテゴリーを調べる確率は非常に低い。

 

では続けて読むときブログの読者がどこを読むかというと

関連記事や人気記事だ。

 

カテゴリーにちゃんと力を入れなければいけないのは

ブログアフィリエイトではなくサイトアフィリエイトだ。

 

ブログでは最近の記事を読んで、過去の記事は本当に書いた人に興味がある人だけしか読まない。

この事実を知るまでに時間がかかった時点で俺はバカだったのかもしれない。

 

凝り性な人ほど、サイトの完成度に気を遣ってしまう。

文章を投稿する時間以上にサイトのカスタマイズに力を入れてしまう。

(まさに俺のことだが)

 

これでは作業効率が悪すぎて、全然サイトが強化されることはない。

検索エンジンによるアクセスが起こるまではひたすら、形よりも伝えたいことを書き続けていくべきだ。

特にブログ型のアフィリエイトにしようと思ったらとにかくたくさんブログを投稿しよう。