アフィリエイトで稼げないと「思い込んでいた」理由

ここのところ、安定してアフィリエイト収入が入り始めました。
アフィリエイトで稼げない理由も、稼げる理由もわからない「暗闇」の中で必死にもがいてきました。

収入が入らないのに文章を書き続けることの辛さ、本気でアフィリエイトをやった人にしかわかりません。

そして、それはいつしか成果が出ない絶望感に変わってしまうかもしれません。

私も、精一杯頑張ったからこそ「アフィリエイトで稼げない」と思い込んでいたことに気が付きました。

 

アフィリエイトが「稼げない」と思い込んでいた理由

 

①アクセス流入には成功していた

アフィリエイトで稼ぐためには、アクセスが大事だということはわかっていました。

「サイトをたくさんの人に見てもらえば、その分アフィリエイト収入が入る。」

そんなサルでもわかる理論、まさにその通りです。

もちろんサイトの広告を見た人が多いほど、アフィリエイト収入が発生しやすくなるのは言うまでもありません。

この理論に基づいて、私はひたすらアクセスを集めました。

本やネット上に広がる数々のアクセスアップ法を駆使して、並々ならぬ努力でアクセスをかき集めました。

それなのに、報酬が全然入りません。

 

「これだけ頑張ったのに、もうこれ以上は無理だ・・・。」

と絶望感に浸りました。

 

②広告のインプレッションやクリックも上がった

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という言葉があります。

私は最初にこの考え方でアフィリエイトを始めました。

その理由は、ある程度アクセスを集める手段を固めていたからです。

ですから、最初はSEOをほとんど意識せずにとにかくアクセスを集めました。

アクセスさえあれば、自然とアフィリエイト収入が発生すると考えていたのです。

すぐにインプレッションは2万を超えました。

クリック率は低かったのですが、ちゃんと訪問者をアフィリエイトサイトへ飛ばすこともできていました。

ですが、それにも関わらず全く成約されないのです。

そんな時に稼いでいるアフィリエイターが公開していた、インプレッション数と成約金額を見た時の衝撃は忘れもしません。

なんと自分と同じくらいのインプレッション数で、数十万円を稼いでいるではありませんか!

 

これだけアクセスを集めて、広告も見られているのに収益が出ない自分。

「絶対にアフィリエイトに向いていない」と落ち込みました。

 

③たくさんの記事を書いたのに稼げない

私が作成したブログやサイト、少なくとも500記事は文章を書きました。

これだけの更新をするのがどれだけ大変か、アフィリエイターの方にはわかって頂けるでしょう。

よくあるアフィリエイトの始め方を読むと、とにかく書くことが一番大事だと言われています。

文字数はそんなに多くなかったのですが、とにかく「更新が命」だと妄信してひたすら文字を書きました。

それなのに、これだけの記事を書いた報酬が1年間でわずか3万円だったのです。

 

「書くだけではダメだ。でも今更どうすればいい?」

気づいたころには心身共に疲れ果てて、やはり諦めるべきなのかと思いました。

 

結果的にアフィリエイトの失敗は一つも無駄ではなかった!

きっとアフィリエイトで、私ほどの失敗をした人は中々いないと思います。

成果が出て、すぐに報酬を稼げたという人もいます。

 

じゃあ自分はアフィリエイトに向いていなかったのか?

 

これまでの苦労は無駄だったのか?

 

そうではなく、全てが成功までの道のりでした。

 

この1年間のアフィリエイトが失敗に終わって、自分が得たことを考えてみます。

 

①アクセスアップ法がわかった

昨年(2017年)、グーグルのSEOのアルゴリズムが変動しました。

検索エンジンからの流入に頼っていたアフィリエイターが、稼げなくなったと騒いでいます。

特に美容系やサプリメント系を中心にアフィリエイトサイトを運営していた人は悲惨な現状です。

そんな時でも、SEO以外からアクセスを上げる方法を私は習得しました。

 

 

②売れない記事やサイトがわかった

そもそも売れない記事は、どれだけ書いても売れません。

だけど、売れない記事を書いたことは、まったく無駄になりません。

これまで売れない500件以上の記事を書き、売れる10件の記事がわかりました。

20個の売れないサイトを作り、2つの売れるサイトがわかりました。

そして、SEOに強い記事と弱い記事だってあります。

売れない記事やサイトを作った経験から、売れる記事を書けるようになったのです。

 

失敗は成功の基

その言葉を、アフィリエイトを通じて深く実感しています。

アフィリエイトで稼げないと悩んで続けるのも、辞めるのも自分の選択次第です。

もしかしたら、成功が目前に迫っている可能性だってあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です