アフィリエイトに飽きたときの気分転換は何がいい?


もともとブログで文字を書くのが好きなら、自分が書いたブログやサイトを見て自己満足に浸ることができるかもしれません。だけどアフィリエイトで稼ごうと思ったら、サイトがうまく出来上がってもアクセスが集まらなければ意味がありません。
結局報酬が発生しない限り、自己満足のための創作作品を作っているだけですから。
だけど稼ぐためなら、アフィリエイト報酬が発生するまで書き続けるしかありません。

だから、アフィリエイトって単調な作業を繰り返すばかりです。
「もう飽きた・・・もう書きたくない」ってことはよくありますよ。

アフィリエイトで飽きた時の気分転換は何がいい?

ちなみに私がアフィリエイトで飽きた時にやることについて箇条書きで書いてみます。

・散歩

・おやつ

・音楽を聴く

・ストレッチをする

・筋トレ

・ゴロゴロ

・子どもと戯れ

・部屋の掃除

 

誰でもやっていることですが、基本的にこんなもんです。
だけど、1つだけ気分転換をするときに心掛けているのは目を使わないことです。
アフィリエイトはパソコン作業のため、スマホをいじるなどの目が疲れることは気分転換どころかさらに疲れを増す恐れがあります。

実際私も目の疲れがたまる気分転換方法をやっていたこともあります。
映画もゲームも大好きなので、アフィリエイトの合間にやっていたんですね。
だけど、疲れて作業ができなくなる日が増えたので、目が疲れることは極力やらないことにしました。
目を使う気分転換は、疲れが余計にたまって作業が滞るのでやらない方がいいですよ。

おすすめしない目が疲れる気分転換

・映画を見る

・youtubeを見る

・スマホをいじる

・ゲームをする

・パチンコをする

・SNSやLINE

目の疲れはアフィリエイターにとって最大の敵です。
ですから作業の合間も目を使った気分転換はできる限りしないようにしています。
目が疲れてパソコン画面を見るのがつらくなるのはもちろんですが、目の疲れから肩こりがひどくなり、頭も回らず疲労が溜まった状態では良い文章なんて書くことは不可能です。
気分転換をするつもりが結果として作業効率も落ちてしまうので最悪です。

よく仕事の合間の休憩時間にスマホゲームをやっているサラリーマンもいますが、
「仕事やる気ないだろ!」って思ってしまいます。

ソシャゲ好きな方はすみません、だけど私にとっては信じられないことなので・・・。
アフィリエイトに限らずパソコンや事務で小さな文字を見る仕事は眼精疲労が最大の敵なので、目が疲れることを休憩時間にやってはいけません。

眼精疲労対策で作業効率を上げる

目が疲れたと感じてきたら、身体だけではなく目を休めることが作業効率アップにつながります。
ですから、目を使わないように休憩することって大事です。
だけどたくさん作業したい人や、仕事と並行して副業アフィリエイトしている人はそうも言ってられません。
疲れがたまった状態で、作業をするのはつらいですよね。
そんなときは目の疲れを軽減させるサプリを使った方がいいですよ。
ちなみに私が目が疲れた時に飲んでいるものは、薬局でもおなじみの「えんきん」です。
長時間のパソコン作業を続けているので、もはや必需品となっています。
えんきんを飲み始めてから、パソコンに向かっても疲労感が軽減されました。
薬局で買うと1500円ですが、ネットなら初回1000円で購入できます。
しかもおまけでもう1袋ついてくるので、薬局で買うより2000円もお得です。
眼精疲労でアフィリエイト作業が進まない人は使ってみて下さい。