アフィリエイトやっている時点で「変人」という事実

意外と少ないアフィリエイト人口・・・

アフィリエイトをやっていて、意外とアフィリエイト人口が少ないことを知りました。

自分だけじゃなくアフィリエイトは割と誰でもやっているのではないかと思っていました。

 

「アフィリエイトをやろう!」と思った人は結構いるかもしれません。

ブログを書いている人が増えたことを考えると、アフィリエイト参入者はかなりの数だと言えるでしょう。

だけど、その中で月に5000円を稼げる人は、5%しかいないのです。

私も1年かけてやっと月5000円を突破しました。

たかが5000円を稼ぐために、1年もかかったのですよ(笑)

 

でも今なら、アフィリエイトで稼ぐのが大変な理由がわかります。

だって、アフィリエイトは最初が一番大変ですから。

 

私も初報酬までの道のりは、かなり険しかったです。

アクセスを集めながら、購入させる文章を考えて作成しなければなりません。

もちろん、最初はどちらのスキルもありません。

しかも、ブラインドタッチも遅いのです。

たった一つの報酬を得るために、何十時間を費やしたでしょうか。

そりゃ、みんながやっても成果でないからあきらめますよ。

 

それでも続けた私は、自分でもバカだったと思っています。

本当に成果が出るかもわからずに、作業を続けているのですから。

 

誰かに見られたら、

「頭悪いんじゃない?」

って思われているでしょう。

だけど今になってみれば、バカになって良かったとつくづく思います。

 

私の場合、アフィリエイトで稼ぐ以外に道はないと覚悟を決めていました。

稼げなくても「稼ぐまでやるしかない」と思っていたのです。

 

アフィリエイトで稼いでいる5%に入るって、それぐらい苦労があって当然です。

だから、アフィリエイトを続けるって時点で普通じゃないのかもしれません。

いわゆる変人なのでしょう。

 

だってずっとパソコンの前で指を動かし続けているんですよ?

客観的にそんな人を見たら、

「あの人どうしちゃったんだろう?」

って心配しちゃいますよね?

 

有名なアフィリエイターさんがアフィリエイトで稼ぐ人は変人だと言っていました。

だってみんなが絶対にやらないような作業を、ただパソコンの前で永遠にポチポチと繰り返しているのだから。

それでも、アフィリエイトを続けたからこそ次の目標も見えてきました。

これからもずっと、パソコンの前に居座り続けて頑張ります。

アフィリエイトやっている時点で「変人」という事実” への2件のフィードバック

  1. こんにちは、アラタと申します^^

    確かに意外と少ないですよね。
    一般的にはやっぱりあまり認知していないようで、私の職場内でも『Big Tomorrow』の本だけでも怪しい・・・と言ってますからね^^
    お金を稼ぐ・・・って言うとちょっと前だとFXが話題になってましたが、今はなんか仮想コインの話なんかはちょこちょこ出てはきますがアフィリエイトという言葉は全く出てきません^^
    まぁ、私も知らないフリしてますけどね。

    恐らく私も変人なんでしょうね^^
    しょっちゅうパソコンの前にいますから^^

    1. アラタさん、コメントありがとうございます!

      初めてちゃんと読んで頂いたコメントが来て、すごく嬉しいです(^^)/

      仮想通貨の過熱感はハンパじゃなかったですよね・・・。
      きっと熱狂的な信者がたくさんいるのでしょう。
      私も今後の仮想通貨はまだ価値が上がると思ってはいますが、今はしばらく様子見するつもりです。

      アフィリエイトの認知度は意外と少ないようですね。
      自分がやっているから、みんな興味あるものだと思ってしまいます。

      「お金を稼ぐ=怪しい」は、確かにそうですね。
      正しい情報を見極めるって難しいから、騙される人もいるのでしょうね。

      私の場合、パソコンと向き合って自分がおかしいんじゃないかと感じることが多かったです。
      変人に変貌する自分だけど、そこまでしなきゃアフィリエイトなんて続けられませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です