アフィリエイトをやる奴はバカだと?

アフィリエイトってバカがやってるの?

にちゃんねるとかで結構アフィリエイトに否定的な考え方を持った人が書き込んでいるのをみつけます。

「アフィリエイトをやってる奴はバカだ」

この言葉、すごく胸に突き刺さる言葉でした。

自分はアフィリエイトで成果を出したくて、アフィリエイト報酬が出なくてもめげずに頑張り続けてきたはず。

それなのに、客観的に見ると「ただのバカ」だと思う人がいるのが事実です。

そして自分自身も「確かにバカなのかもしれない・・。」そう思う要素だらけです。

そんなことを考えて暗い気持ちになってしまいます。

アフィリエイトは精神論ではどうにもならない

本当に稼ぎたいなら「成果を絶対に出してやる!」って気持ちが大事だといいます。

残念ながら、アフィリエイトはそんなアホみたいな根性論で成果が出るものではありません。

クビにならないけど、給料も入ってこないというフルコミッションの営業マンのような感覚です。

きっとアフィリエイトをやろうかな?
って軽い気持ちで始めた人は、その闇の深さに絶望することでしょう。

数か月アフィリエイトを続けて、それでも絶対にやめずに続けてやるって決意した人は、そこから何度も更なる壁にぶち当たることになります。

アフィリエイトの第一の壁

まずはアクセスを集めることが第一の壁です。

書き始めた当初はアクセスなんて集まるわけがありません。

無料ブログであれば最初からアクセスを集めることが可能かもしれませんが、アフィリエイトに適したワードプレスなどの独自ドメインを利用したブログを作成するとわかります。

っていうか、もう勉強って感じでワードプレスに慣れるまでには結構時間を要します。

そして実践したからといって、しばらく成果は出ません。

一つの記事を完成させるのに1時間とか平気でかかります。

そしてその記事がだめなら、何日も何カ月もアクセスが集まらないし、失敗で終わりってことも日常茶飯事です。

ほらアフィリエイトって悲しくなるでしょ?

アフィリエイトの第二の壁

そして第二の壁は紹介したものを訪問者が買ってくれません。

とにかく買わない、それどころかリンク先にすら飛ばない。

「本当に人間が見てるのか?」

そんなことを疑うほどの悲惨な結果が続きます。

私はアクセスを集めることは得意な方でした。

ただし、まともに検索エンジンから集める方法ではなく、不特定多数の人からアクセスを集めていたので、全然本当に必要としている人にサイトを見てもらえていなかったようです。

検索エンジンから見てくれた人なら、自ら興味を持ってサイトにたどり着いてくれた人なので買ってくれる確率は格段に違います。

ちゃんとお客さんになる人をサイトに誘導しない限り成果なんて出ないことを知ったのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です