稼げないアフィリエイトを続けるべきか?

稼げないアフィリエイトを続ける意味とは?

アフィリエイトが目的でサイトを作成しても、収入が出るかどうかなんてわからない。

収入を得られるほどのサイトに育つかわからない中で、アフィリエイトを続けること自体に不安を抱える人も多いだろう。

知識がなくアフィリエイトを始めた人は、希望に満ち溢れてサイトを作り続けても、開始してから毎日サイトを更新し続ける人は半分もいないだろう。そして、その半分が1カ月ほどでリタイアしていまうのではないだろうか。

ほとんどの人が「アフィリエイトを辞める!」と思ったきっかけは稼げないからだろう。

じゃあ稼げないサイトなら作成した労力はすべ水の泡になってしまうのだろうか。

サイトを作っても、アフィリエイトで成果が出なければ全て終わりか?について真面目に書いてみる。

 

作成したサイトのアフィリエイト以外での使い道とは?

ほぼ全てのブログが更新が止まるとアクセスが集まらない。もしSEO対策を意識して作成した文章だったり、本気で質の高い文章を書き続けた人のブログなら多少は定期的なアクセスを集めることも可能だろう。だが、多少のアクセス程度でアフィリエイト収入が入るほど、この世界は甘くない。

じゃあ中途半端なサイトの使い道はないだろうか?と考えた時、一つだけ道がある。それは被リンク対策だ。もちろん別のアクセスを集めたいサイトを持っていた場合だが、多少のアクセスでも別のサイトへ誘導するためのサイトにしておいた方が、アクセスが集まらず、サイトを死んだような状態にしておくよりも良いだろう。

そして別サイトからの被リンクはSEO効果があると言われている。昔ほどではないが、被リンクされればされるほど強いサイトになりやすいという事実があるので、アクセスが集まらず、今後更新する予定がないサイトはとりあえずメインサイトへの誘導と強化用のサイトにしてしまった方が良いだろう。

俺の場合もこういった残念なサイトをいくつか作ってしまった。煮ても焼いても食えぬ本当にどうしようもないサイトだ。アフィリエイトを始めた当初に作ったサイトでいきなり成功することは難しい。だが、自分の努力のかけらが少しでも残っているなら、こんな残念などうしようもないサイトでも無駄にしたくない。